新着記事
DMM.com
DVD宅配

2015年01月15日

柴咲コウよ。遊川が糞演出始めたら鉄パイプで殴ってでも阻止しろ!

『○○妻』が初回14.4%を取り、好発進だとか。

『○○妻』は「まるまるづま」と読み、○○の部分には柴咲コウ演じる久保田正純の妻ひかりの隠された五つの顔を表現する言葉が入るという。
ネタバレになるけど、初回終盤で明かされた最初の言葉は「契約」(どういう契約なのかはドラマみてね)。

うーん。なんともつまんない言葉が入るものだ。
ストーリーの流れからして、なんとなく、ひかりには人間離れしたパワーがあるのかなと感じながらみてたぼくは、てっきり「妖怪」とか「妖精」とか「幽霊」とかの言葉が入るのではと期待していたので、これはちょっとした肩すかしだ(まあ、まだわかんないけどね)。

ただラスト、スクランブル交差点で出逢った胡散臭そうな風体のおばさん(黒木瞳)がむかしの知り合いというのが伏線だとしたら、ギャルサー上がり、チーマー上がり、レディス上がりという線もあるのかも(黒木瞳だと年寄り過ぎかな?)。

連ドラ初回としたら、つかみはOKって感じなのかな。

ただ、ひかりが突然気が狂ったように目を剥いて大声で演説を始めるくだりは、なんとかならなかったのか。
全然柴咲コウらしくない。
あのシーン始まったとたん、あーあまたまた遊川の悪い病気だよって、しらけたねえ。
遊川の演技指導によって全編目を剥き通しだった夏菜が、『純と愛』で評判悪かったの全然反省してない。
脚本家が演出家さしおいて役者に演技指導しても、いいことなんてこれっぽっちもない。
柴咲コウよ、遊川が下らん演技指導始めたら鉄パイプで思いっきりぶちのめしていいよ。
ぼくが許す。
鉄パイプ持ち歩くの面倒だったら、レジ袋にばら銭何枚か入れたやつでもOK!


ところで、日本二大薄幸系女優のひとり奥貫薫が、どこまで行ってもいかがわしい業界と縁が切れない役っていうのは似合いすぎてておもしろい。
もうひとりの薄幸系女優木村多江は、今シーズンセレブ系病院の看護師長役を演じている。大出世! でも視聴率的には木村多江のほうが不幸なのかもしれない。


日本テレビ系水曜日午後10時放送
出演者:柴咲コウ、東山紀之、平泉成、岩本多代、渡辺真起子、奥貫薫、浦上晟周(子役)、平澤宏々路(子役)、城田優、蓮佛美沙子、黒木瞳

信長協奏曲 Blu-ray BOX

信長協奏曲 Blu-ray BOX

信長協奏曲 DVD-BOX

信長協奏曲 DVD-BOX
posted by わっちゃ at 16:03 | TrackBack(0) | 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412396294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。