新着記事
DMM.com
DVD宅配

2014年11月25日

西遊記 はじまりのはじまり 追補

昨日はあのテーマ曲(なんて濁して書いたけど、youtubeにUPされてる予告編にもきっちり使われてた『Gメン75』のテーマ曲。濁すことなかったんだ)使われてるの日本版だけなのかなあ、と書いたのだが、気になって調べてみると、監督自身が『Gメン75』のファンだったらしく、中国語版自体に投入済みとのこと。

吹き替えは玄奘が斎藤工、スー・チー演じる妖怪ハンター段は貫地谷しほり、孫悟空を山寺宏一。みんなうまいよね。

でも、中国の俳優って日本の俳優に似た人多いねえ。
昨日はスー・チーのこと知念里奈みたいって書いたけど、沙悟浄は葛山信吾、猪八戒は顔テカテカの山崎邦正にみえてしょうがなかったよ。
虚弱王子は東出昌大にちょっと似てるような。
玄奘もだれかに似てるように感じたけど、誰だったかなあ…。
タグ:西遊記
posted by わっちゃ at 11:23 | TrackBack(0) | 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

『西遊記 はじまりのはじまり』を観てきた

『西遊記 はじまりのはじまり』を観に行く。
『少林サッカー』や『カンフー・ハッスル』で有名な周星馳監督作品なので、もっと大きなシアターが割り当てられてるのかと思ったら、地元のシネコンはわりとこぢんまりしたシアターを使っていた。
それでも満員盛況というわけじゃなかったから、まあそれで正解なんだろうな。

中国というお国柄なんだろうけど、3、4歳ぐらいの童女が平気で妖怪に食い殺されちゃうのにはちょっとびっくり。
あれ日本作品だったら、丸呑みされただけなのでまだ消化されてなくて助かったってことにしてるよね、きっと。日本が童女に対して甘すぎるのかもしれないけど。

甘っちょろすぎる妖怪ハンター玄奘になぜか胸キュンして追っかけまわすタフでハードな美人妖怪ハンターは、人気女優のスー・チー。
この人美人は美人なんだけど、ちょっと知念里奈ふうで微妙なんだよなあ。

最終的に玄奘とともに天竺を目指すこととなる三匹の妖怪は、この作品ではいずれも凶悪。
人間や妖怪ハンターたちに対して血も涙もない殺戮を実行する。
いくら本編に入るまでのプレストーリーとはいえ、日本だとここまで凶悪妖怪ということにはしないだろうなあ。
そもそも中国の古典でもここまで凶悪には描いてなかったような…。

玄奘たちが天竺に旅立つシーンでかかる曲が傑作。思わず笑ってしまった。
これって吹き替え版だけのアレンジなのかなあ。

総合的に楽しかった。

posted by わっちゃ at 20:41 | TrackBack(0) | 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。