新着記事
DMM.com
DVD宅配

2014年08月13日

2度目ならずうっとおいしい『ハードナッツ! 〜数学girlの恋する事件簿〜』

 NHK総合で昨夜まで放送されてた『ハードナッツ! 〜数学girlの恋する事件簿〜』。
『あまちゃん』で足立ユイを好演した橋本愛が、数学に天才的な才能を発揮するもののメンタルが小学生なみの女子大生難波くるみを演じている。その演技が、『あまちゃん』能年玲奈の演技のパクリではないかと、ネット上で指摘されていたりもした。メンタルが似た少女なので、表現がある程度似てくるのはしかたないのかも。

 この作品、もともとBSプレミアムで昨年10月から12月にかけて放送されていた作品で、ミステリーファンにとっては、どちらかいうと再放送に近い。
 一度みているので今回は視聴スルーしたという声もネット上にあがっている。実際テレビで放送されるドラマは多く、再放送作品まで追っていたらきりがない。
 ぼくも最初はスルーしようかと思っていたのだが、BS放送時に初回を見逃していた。で第1話をみてしまったら、ずるずると全話視聴してしまった。
 で、気づいたんだよね。初見のときより2度目の今回のほうがこの作品をずっと楽しめるということに。
全文表示
posted by わっちゃ at 07:44 | TrackBack(0) | 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月09日

カメラ男とパトランプ男

バンダイ(本社・東京)は、映画館で本編上映前に流す「NO MORE映画泥棒」のキャンペーンCMに出てくる「カメラ男」と「パトランプ男」のフィギュアを9日に発売する。「映画館に行こう!」実行委員会が推進する「映画盗撮防止キャンペーン」の一環でCMが流れるようになって7年。タイアップしたバンダイではミニ・フィギュアなど関連商品を販売しており、今回の可動式フィギュア(全高約15センチ、各3240円)は真打ち登場といったところだ。4月からの予約数量は当初予想の150%の勢いで、同社広報チームは「CMが広く認知されている証拠」と分析する。

(中略)

JIMCA広報・渉外本部長の村上裕之さんは「『映画泥棒』のPR効果は大きい」と語る。MPAによると、05年の盗撮による日本国内の年間推定被害額は180億円に上っていた。しかし映画盗撮防止法の施行後、国内の映画館で米メジャー6社の作品が盗撮された例は、「具体的な作品名は伏せるが」と前置きした上で、2009年に公開されたベストセラー小説を映画化したトム・ハンクス主演のミステリー大作を最後に報告されていないという。


 

 カメラ男パトランプ男の犯罪防止効果って凄いんですねえ。
 盗撮、録音してたら挙動が不自然になるから、ああいう盗撮防止キャンペーン映像流されると、まわりの観客の目が気になって、やり辛くなるんでしょうね。
posted by わっちゃ at 20:57| 雑文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

ルパン三世実写化

 1967年にモンキー・パンチが生み出した人気漫画の実写版映画「ルパン三世」のワールドプレミアが4日、東京都内で行われ、主演の小栗旬らが登場した。アニメが大ヒットするなど、原作は歴史と人気を誇るだけに、小栗は舞台あいさつで「(この映画を)受け入れてもらえるかどうか、ドキドキしている」とコメント。手応えを聞かれると、「うれしいけれど、怖い部分もありますね」と心境を吐露した。


「ルパン三世」の実写化については、日本テレビが実写化に反対しているからアニメのテーマソングが使わせてもらえないなど、いろいろ聞こえてきますね。
 Wikipediaを読むと、実写化にかかわった人たちも最初のうちはほとんどが反対していた模様。
 ネット上の掲示板でも、以前は是々非々の書き込みで溢れていました。今は沈静化しているようですが、もう作っちゃったんだからしょうがないよねえって諦めムードなんでしょうか。

 予告編はこんな感じ。



 予告編を見る限り、それほど変なものにはなってないように思われます。
 以前、旧作の目黒祐樹バージョンをテレビで放映された際みたことがありますが、あれは相当変でした。

ルパン三世 念力珍作戦【期間限定プライス版】 [DVD]
posted by わっちゃ at 11:12| 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

白銀ジャック

『白銀ジャック』…東野圭吾原作のテレビドラマ(2014/8/3 21時放送)
 ミリオンセラーを達成したミステリーのドラマ化! しかも渡辺謙主演! ということで、興味を惹かれて視聴したが、普通じゃない思考回路をした人間がいっぱい登場するドラマだったなというがっかり感。
 普通の思考回路しか持たない人間だけしか登場しなかったらミステリーにならないのかもしれないが、それにしてもちょっと多すぎる。
 主演が豪華、撮影にも金がかかってそう。なのになぜ映画じゃなくドラマとして放送したのか?
 その理由はこのドラマの結末にありそうだ。
 たしかにこういうオチの話は映画にはしにくい(リピート客がつかない。初動だけよくて、口コミで動員ガタ減り)。
 スペシャルドラマとして一度だけ放送する分には、ちょうどいい素材だったのかもしれない。

 ところで、岡田将生と広末涼子ってセット販売されてるの? このふたりの共演、わりとよく見るね。
全文表示
posted by わっちゃ at 06:59| 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。