新着記事
DMM.com
DVD宅配

2008年06月03日

キムタク総理はシートベルトをする必要はない

 昨夜「CHANGE」を観ていて、少し違和感を覚えるシーンがあった。
 木村拓哉演じる総理大臣が、前後に護衛の車がついた公用車のリアシートに座って、シートベルトをするという場面だ。

 同じ日の夕刻のニュースで、天皇、皇后両陛下が後部座席に乗り込み、シートベルトをされないまま車がスタートするというシーンを撮し、前後に護衛の車がついている場合はシートベルトをする必要がないと説明するのを観ていたので、ちょっと首をかしげてしまった。

 確かに、法令ではする必要はないと定めているだけで、するなといっているわけではないので、別にシートベルトをしてもいいわけなんだけど、ここはしないほうがよりリアリティが出たのではないかな。

 まあ、このドラマ自体全体的にファンタジーだから、変なところでリアリティを追求しないほうがいいのかもしれないけれど。

posted by わっちゃ at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。