新着記事
DMM.com
DVD宅配

2008年05月11日

堺正章の使い方を誤った関西テレビ

 堺正章主演の恋愛ドラマ『無理な恋愛』が、大方の予想どおり低視聴率にあえいでいる。
 ちゃんと観ればそれなりにおもしろいドラマなのだが、みなさんそれほどロートルの恋の行方なんかに興味はないということなのだろう。

 明石家さんまと長澤まさみ共演の『ハタチの恋人』が低視聴率だったという結果を見れば、こういう年寄りの年の差恋愛ものは需要がないと学習してもよさそうなのに、関西テレビはどうしてこういう企画を通してしまったのだろうか。

 堺正章のドラマ主演というのが、『発掘!あるある大事典』打ち切りのバーターだろうな、ということはなんとなくわかる。でも、そのドラマの内容が恋愛ものというのは、バーター過剰であろう。
 ドラマを恋愛ものにしていなければ、堺正章主演でももっと視聴率が稼げたのではないだろうか。

 たとえば、堺正章が老名探偵を演じるしゃれたミステリードラマだったら、それほど視聴者の反発もなかったのでは?

タグ:無理な恋愛
posted by わっちゃ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれテレビ評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。